タナカ動物病院:兵庫県姫路市の親切丁寧で信頼出来る動物病院です。
犬と猫の一般病気治療、健康診断、狂犬病、フィラリア、予防接種、不妊・去勢手術などから、MRI、CT、など高度医療にも対応しています。

H O M E
診療内容
予   防
健康診断
施設案内
検査・手術用機器
ペットホテル
スタッフ紹介
病院概要
ブ ロ グ
リ ン ク

■診療時間
午前9:00〜12:00
午後4:00〜7:30
〈木曜日:休診〉

*受付は診療時間30分前まで
にご協力下さい。
*当院患者様で緊急の場合は
お電話下さい。


TEL 079-292-4775
タナカ動物病院
姫路市御立中3丁目6-17































































第二次救急医療機関]

kyoto AR
京都動物高度医療センター


鳥取大学農学部
付属動物医療センター


検査機器



デジタルカラーエコー
デジタルカラーエコー(超音波診断装置)
胸部・腹部臓器の診断や定期検診などに使用します。
胸部診断では、主に心臓疾患である僧帽弁閉鎖不全症の診断や治療に対する定期健診に使用します。その他にも心筋症、先天性心奇形や腫瘍性疾患などの診断に有用です。
また、腹部臓器では、肝臓や脾臓、腎臓、泌尿器生殖器、副腎、消化管、十二脂腸、すい臓などの診断に有用です。



電子内視鏡システム
内視鏡検査は、胸部に存在する食道の観察や、胃や十二指腸、結腸を開腹することなく直接内腔を観察することが可能な画像診断です。
また、スコープには様々な鉗子を入れることができるチャンネルがあり、その鉗子によって、生検(バイオプシー)や消化管内異物の摘出が可能です。


テレビ顕微鏡
パソコンとUSB接続されており、顕微鏡画像を各診察室からいつでも観察することが可能です。
また、画像をデジタルで保存することにより、尿石症や血液疾患などの慢性疾患での経時的な変化を記録、例えば1年以上まえの尿検査と今回の検査の画像を比較することも可能です。


Panoptic
Panoptic(PanOptic Ophthalmoscope):
眼底を観察する器具。


心電図解析装置システム
心電図検査は不整脈を検出し、その診断と治療に必要な検査です。
また、救急疾患では、心臓に基礎疾患がある場合もありますが、ショック状態から2次的な不整脈が認められる場合もあり、その場合にも状態の評価、治療に重要となります。
また、心電図データは、心電図データファイリングプログラムによりパソコンに入力され保存され、過去のデータとの比較も行うこともできます。


血液検査機器
生化学検査・血液一般検査・電解質・アンモニア等


手術用機器


炭酸ガスレーザー

半導体レーザー

炭酸ガス:☆半導体レーザーは人間の医療では
欠かせない医療機器ですが、獣医科でも多くの手術で
取り入れられています。
炭酸ガス☆.半導体レーザー手術はあなたの愛犬愛猫の術後のダメージを半減させてくれます。


手術監視モニターシステム




電気メス止血装置類




滅 菌 装 置





C T 装 置
CT検査台の上にペットを乗せ、X線により体を輪切りで撮影することで、体の内部の構造検査することが可能です。
※ペットの性格によっては、鎮静麻酔が必要となる場合がございます。(その場合、別途費用が必要です。)

【CT検査でわかる疾患】
脳内病変(水頭症、脳炎、脳腫瘍)、鼻腔内病変、肺疾患、肝臓腫瘍、肝臓疾患、膀胱疾患、関節脱臼、骨折、転移の有無、異物の有無。
特にCT検査では、結石、出血、形態異常の描出に優れた効果を発揮します。



M R I 装 置
ペットに麻酔をかけMRIの検査台に乗せます。磁石の力で体の内部構造を検査します。

【MRI検査でわかる疾患】
脳の病気(てんかん・水頭症・脳腫瘍・脳梗塞・脳出血・脳炎)、脊髄疾患(椎間板ヘルニア・脊外内腫瘍・梗塞・損傷・骨転移等)、副鼻腔、股関節(形成不全・骨頭壊死)等の疾患。







■エコー(超音波診断装置)


■電子内視鏡システム

■腸用内視鏡



■顕微鏡・モニター





■Panoptic



■心電図解析装置システム




血液検査機器


    
■炭酸ガスレーザー  半導体レーザー

手術監視モニターシステム


■電気メス止血装置類

■オートクレーブ    ■超音波滅菌装置
■炭酸ガス滅菌装置








■CT装置
  kyoto AR 京都動物高度医療センター
  鳥取大学農学部附属動物医療センター





■MRT装置
 kyoto AR
 京都動物高度医療センター
 鳥取大学農学部附属動物医療センター
サイトマップ
Copyright(C)2009 Tanaka Animal Hospital.All rights reserved.